「院内感染予防対策」について

「院内感染予防対策」について

当院では除菌消毒に2002年からAP水を使用しておりますAP水とは

「AP水(次亜塩素酸系)」とは、電解水生成器「APアクア」シリーズで生成する「中性電解水」の愛称で、「次亜塩素酸」を有効成分とする水です。 「次亜塩素酸」と言えば「塩素系除菌漂白剤」のハイター等を連想しますが、人体に使用はできません。しかしAP水は低塩素 濃度のため安全、安心に使用できます。


たなか歯科クリニックは、清潔、安全をモットーに、院内での除菌消毒にはAP水を使用しております。

「AP水(次亜塩素酸系)」とは、電解水生成器「APアクア」シリーズで生成する「中性電解水」の愛称で、「次亜塩素酸」を有効成分とする水です。
「次亜塩素酸」と言えば「塩素系除菌漂白剤」のハイター等を連想しますが、人体に使用はできません。しかしAP水は低塩素 濃度のため安全、安心に使用できます

たなか歯科クリニックは「清潔であり、かつ衛生的な環境」を患者様に提供しています。

当院は、感染予防で最も重要なことは「手指」の滅菌だと考えます。
その「手指」の滅菌に、AP水「APアクア21」が活用されています。

未分類カテゴリの最新記事